• トップ
  • 教育内容
  • 教員紹介
  • 資格
  • 進路
  • 入試
  • JABEE
  • CITものづくり

教育内容

学習・教育目標

学科の目標

電気電子情報工学科の目指すところは「電気系産業に携わる技術者」を育成する事であり,学科としての学習・教育目標を5つ設定しています.

  1. (A) 電気・電子・情報に関するしっかりした基礎学力を総合的に備えている技術者.
  2. (B) 社会人としての倫理観を有し,人と環境を含む地球全体の将来を考える素養を持つ技術者.
  3. (C) 社会の抱える課題を発掘し,それに対して柔軟にかつ創造的に対応できる技術者.
  4. (D) 自己を社会に向けて発信するための十分な表現能力を身につけ,国際的視野を併せ持つ技術者.
  5. (E) 社会情勢の変化を踏まえ技術力の向上に継続的生涯的に取り組み,自学自律を確立できる技術者.

コース制と教育目標

総合システム工学コース、電気工学コース、電子工学コース、情報工学コース

電気電子情報工学科が扱う技術・学問分野は多岐に亘っており,全てを4年間で学ぶのは困難です.そのため,学生の適正や希望する進路に沿って,一つの分野について重点的に学習できるように,4つの履修コースが用意されています.

各コースには,共通の学習・教育目標(A)~(E)に加え,コースを特長付ける教育目標(F)が設定されています.

総合システム工学コース

自己の知識と技術を形(システム)にしていく応用・展開能力およびチームワーク力を有する技術者

なお,平成26年度新入生より以下のように細分化されます。
(F1) 自己の知識と技術をもとに基礎的な課題を解決し、さらに応用的な課題設定へと展開していく能力を有する技術者。
(F2) 自己の知識と技術をもとに様々なシステムを構築していくためのデザイン能力を有する技術者。
(F3) 課題解決に向けて、実験計画・遂行能力及びチームワーク力を発揮できる技術者。

電気工学コース

電気工学に関する幅広い分野で活躍できる能力を身につけ,社会に貢献できる技術者

電子工学コース

電子工学に関する幅広い分野で活躍できる能力を身に付け,社会に貢献できる技術者

情報工学コース

幅広い情報通信・情報処理応用分野の専門知識を修め,社会に貢献できる専門技術者

このページのトップに戻る