• トップ
  • 教育内容
  • 教員紹介
  • 資格
  • 進路
  • 入試
  • JABEE
  • CITものづくり

電情日記

マイクロ波シミュレータ開発はとても面白い!!

森田 長吉

移動体通信アンテナや移動体通信用集積回路関係の研究をしている森田研究室を紹介します.今回は特にマイクロ波シミュレータの開発研究に絞って紹介します.

ケータイなどの移動体通信機器の信号処理回路は1mm×1cm2程度の薄板上に作成されたMMIC(モノリシックマイクロ波集積回路)という集積回路でできています.実際は立体構造電磁波回路と高周波トランジスタの組み合わせです.この回路を正確に解析できなければMMIC信号処理回路の設計もできず,新しい機器も開発できません.この解析にマイクロ波シミュレータが必須ツールとなっています.今は市販シミュレータが多数出てきており(主なものは全て欧米製),移動体通信機器を開発するほとんど全てのメーカー・部署がこれを購入してコンピュータ上で回路の設計開発を行っています.この市販シミュレータは極めて高額な上,中身も隠されているところが大変な問題です.当研究室では特に立体構造電磁波回路部分を解析するマイクロ波シミュレータを開発中です.このシミュレータには放射界計算が可能なこと,計算誤差が評価できること,ファイルに落とした各種数値データが開けるので種々検討できること,など市販のものにない特長があります.もうすぐ世に出す(無料公開)予定です.このシミュレータ開発は,やっているうちにソフトのことやマイクロ波回路のことがいろいろわかってきて本当に面白くなってきます.熱中症にならないよう気をつけましょう!!

毎年,移動体通信関係の機器,デバイス,ソフトを扱う企業の展示会(マイクロ波展示会)が開催されますが,ここ数年にわたり,この展示会に当研究室開発シミュレータを途中段階のまま出展し続けています.(2007年出展は企業145社,商社取扱い企業405社,大学26研究室)

このシミュレータの基礎部分は主に4名の学生によって開発されました.この4名は修士課程を卒業後,それぞれ日立製作所,村田製作所,フィジオーネテクノソリューションズ,日東通信機に就職してそれぞれの職場で頑張っています.

電情日記

2018年8月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページのトップに戻る