• トップ
  • 教育内容
  • 教員紹介
  • 資格
  • 進路
  • 入試
  • JABEE
  • CITものづくり

電情日記

ロケット燃焼実験

新井 浩志

ご存知の方も多いかと思いますが、千葉工業大学では2016年度より学科再編がおこなわれます。私は工学部に新しくできる機械電子創成工学科でメカトロニクスを中心としたモノづくりを研究・教育していく予定です。

この関係で本学惑星探査センターの和田豊先生と知り合い、6月に本学茜浜運動場で実施されたロケット燃焼実験を見学させていただきました。私にとってロケットと言えば夏にロケット花火を打ち上げるくらいの経験しかなく、どんな様子なのか楽しみに参加しました。ロケットの燃焼は日常生活では絶対体験できないようなものすごい音で、数秒のことなのですが久しぶりに工学系の技術で「感動」しました。

ただ、ロケット燃焼実験そのものだけでなく、その実験を学生が主体となって実施していることに関心しました。燃焼実験をしているのは本学のSPARK※1という団体で、電情の学生も参加しています。和田先生はほとんど口出しをせず暖かい目で様子を見るだけで、基本的には上級生が1年生3人に指導をする形で実験の準備が進んでいきます。1年生はロケット燃焼実験はほぼ初めての学生さんで、燃料(?)の配管のつなぎ方など1つ1つ悩みながら、実験の準備を進めていきます。しかもその準備マニュアルや実験遂行手順書を作っているのは上級生だそうで、とても頼もしく感じました。

大学の講義で学ぶ座学の勉強も大事ですが、座学で得た知識を生かしながらモノづくりをする実践的な力、皆で協調・協力し合いながら物事を進める力、全体を見渡してプロジェクトを進める力などが大事だと感じました。今教育の世界ではPBL(Project-Based LearningまたはProblem Based Learning)という話題があちこちで聞かれます。課題解決型学習とも言われます。従来の大学のカリキュラムにある学生実験もある意味PBLなのですが、もう少し長いスパンで学生が主体でおこなうPBL的な活動がもっと広がるべきではないかと思います。何よりもロケット燃焼実験に関わっているSPARKのみなさんが苦労しながらもプロジェクトを進め、燃焼実験が成功した時のすばらしい笑顔が印象に残りました。

写真1:燃焼実験の準備

写真2:点火!!(YouTube動画より)https://www.youtube.com/watch?v=bx6gPJza0b4

 

 

 

 

 

 

 

 

※1 千葉工業大学ロケット製作団体SPARK
http://sparkrockets.jimdo.com/
https://www.facebook.com/CIT.Rocket.SPARK

電情日記

2017年10月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このページのトップに戻る