• トップ
  • 教育内容
  • 教員紹介
  • 資格
  • 進路
  • 入試
  • JABEE
  • CITものづくり

電情日記

学生皆様の電情日記 (世界文化に技術で貢献する)

林  喬 久

電情日記を読んでいる学生はどれ程いるのでしょうか。

今回は電気電子情報工学科の学部生のなかで、私の講義及び卒研生について感じたことを紹介します。

先ず、各教室に掲げられている 建学の精神 と題して “世界文化に技術で貢献する” とあるのですが、特に 1,2年生の皆様 内容を理解して頂けましたでしょうか。

(1) ここで考えることは、 技術の前に人とのかかわりで重要なのが 先ず挨拶です。

(2) 講義については 学ぶことが基本ですが、ここで気になることが有るのです。情報化社会において活用する ipad mini が与えられていますが、これが都合の良いもので一部の学生は講義内容の板書を写真に撮ることで済ましてしまうのではないでしょうか、これは学ぶことに反して良くないと思います。自分の目と手を使って書くことが重要です。

(3) 演習の時間は自分で考え理論で学んだことを理解しながら解答することが必要です。後で解答するのを待っている人は情けないと思うのです。 更に予習、復習は単位認定に必要な時間でも有ります。シラバスをもう一度見て実行しましょう。

(4) 特にCクラス及び再履修クラスの場合、約10% の学生が講義は欠席、わずか出席の状況で、試験の時は出席して合格できると思う人がいることです。講義及び演習は日ごろの技術の訓練の場であり、“技術で貢献する” と言う内容には無理なのです。

(5) 3年前期中までに興味ある講義内容を選び、卒業研究に着手できることを願います。

(6) 研究として技術と向き合う時、GPA値が高い学生でも当てにならない。即ち、知識の暗記   再生の得意な学生は理解が欠けている可能性があります。実際に装置 測定系を見たとき学習したことが生かしきれないでいるので、その装置及び測定系と対話する時間を設ける必要があるのです。 ここで例えてお話しますと、初対面の人とすぐに友達として付き合うことができるでしょうか、やはりお互いに話し理解して納得するまでには時間がかかるのと同じだと思います。 装置は話できませんが、何かを表現して話しかけているのです。それを理解及び判断することが必要です。 少し時間がかかりますが理解することに意味があり重要だと思います。このように理解・判断するに要する時間は研究成果として遅れることとなってしまうのですが・・・・。

教育・研究で成り立つ大学において、院生の少ない現状と学部生の実社会へ進む割合の多い現実では、先ず “技術で貢献する” には思考力、判断力、表現力を育て身に付けておくことが重要であると考えられます。

私は退職して大学を去りますが、以上のことを再認識してもらい、ほんの少しでも電気電子情報工学科の実力が向上していけばよいと願っております。

約半世紀、長い間のお付き合いありがとうございました。

 

電情日記

2018年10月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページのトップに戻る