• トップ
  • 教育内容
  • 教員紹介
  • 資格
  • 進路
  • 入試
  • JABEE
  • CITものづくり

電情日記

編集後記

糸井 清晃

2007年7月に始まり,電気電子情報工学科の先生方の研究内容・考え方・趣味等々について執筆していただき,ほぼ隔週でお送りしてきました「電情日記」ですが,本稿を以て終了となります.

開始からの8年5ヶ月の間に,7周で202稿を数えました.そしてこの度,7周目最後の執筆担当として,また,運営担当(ブログシステムへの投稿担当)として,僭越ながら締めの記事(203稿目)を執筆させていただくことになりました.そのようなわけで,投稿の際にも読んだのですが,改めて軽く目を通してみましたので,それに関することを主として書いてみたいと思います.

最初の頃の記事はいろいろな意味で懐かしいものです.記事の内容は勿論ですが,退職された先生方の記事もあります.そういえば,1周目の最後でも,私は編集後記っぽいことを書いていましたね.それと,投稿担当者としては,使い勝手の良くないフリーソフトのブログシステムに四苦八苦していたのもいい思い出です(大袈裟ですが).というのも,原稿はMicrosoft Wordで提出していただいていたので,画像等のレイアウトや文字のスタイル(太字・斜体・上下付きなど)をなるべくWordの原稿と同等に再現するのが困難なことがしばしばあり,あれこれ試行錯誤したものです.

懐かしいと言えばもう一つ,古い研究棟(旧2号館)です.確か新棟(現2号館)への引っ越しがこの頃だったなと思い,「引っ越し」で検索してみたら,記事で言及されている先生がいらっしゃり,2008年夏のことでした.新しい会議室での会議中に「ブログ(電情日記)を始めるので,交代で原稿お願いしたい」旨の了解を得たような印象もあるのですが,別の何かと勘違いしていたようです.確かに,幾つかの記事の写真が旧棟の物でした(私の最初の記事もそうですね.茶色っぽい廊下の床とか).学生時代を過ごした場所でもあるので,中々に感慨深いものです.

周回を追うごとに,退職される先生がいらっしゃれば,当然,着任される先生もいらっしゃいます.着任された先生方には,原則その周回の最後(ほとんどの場合私の次)に,研究内容を主とした自己紹介記事を投稿していただきました.私の記憶が曖昧なだけだと思いますが,こうして改めて記事を辿ってみると,着任年度も印象と違っていたりもするなという気がします.もう少し後だった様な気がするとか,その逆とか… これは,個々の記事に関してもいえます.古い記事から目を通したのですが,「この記事はこんなに前だったのか」と感じることもしばしば.

なにやら,私の曖昧な記憶自慢の記事になってしまいましたが,編集後記ってこんな感じですよね?と,独りで勝手に納得したところで,終わりたいと思います.

さて,電情日記の更新はこれで終了となりますが,記事自体はもうしばらく(多分,Webサーバが続く限り)このまま残されると思われますので,何かの折に,もう一度読み返してみるのも良いかもしれません.

その時,読者の皆様に何かしらの一助となるような新たな発見などがあったとすれば,執筆者の一人として,そして運営に携わった者の一人として,それに勝る喜びはございません.

ご愛読ありがとうございました.

 

電情日記

第6回ホームカミングデイの開催報告

中林 寛暁

電気電子情報工学科の中林寛暁です.今回の電情日記では,先日(平成27年11月21日)に本学津田沼キャンパスにて行われた,千葉工業大学同窓会主催のホームカミングデイ‐大同窓会‐について報告したいと思います.

ホームカミングデイとは,隔年で10年ほど前から開催されている大学全体での同窓会会合です.今回は第6回目として開催され,私は本会の委員であることから,準備担当として参加しました.今回のホームカミングデイは2部構成となっており,第1部は特別講演会,第2部は懇親会が開催されました.特別講演会では,本学社会システム科学部教授である大田勉先生から「駅力(エキリョク)指数を活かした街づくり」とのタイトルで講演がありました.主な内容は,列車の時刻表を用いて街の利便性を定量化するといった内容でした.また,千葉市幕張新都心における路面電車の導入構想を題材として,路面電車の時刻表を適切に定めることにより,住みやすい街づくりを実現するといった試みについて紹介がありました.路面電車が幕張新都心に導入されたらどのような街が実際につくられるのか,大変興味深く聴講しました.

懇親会では,余興として坂口和大氏(平成3年本学工業経営学科卒,日本オセロ連盟九段)による「オセロ多面打ち」が行われ,大変盛況でした(私の研究室の学生たちは完敗でした).また,懇親会の参加者は約400名であり,私が同窓会の委員になって最も参加者が集まったのではないかと思っています.

さて,最近,千葉工業大学同窓会の会則に変更があったのをご存知でしょうか.従来通り本学卒業生は正会員,正会員でない本学専任教員は教職員会員,本学学生は学生会員といった会員に対する会則変更が行われました.今後も継続的にこのようなイベントが実施されると思いますので,多くの方の参加をお願い致します.また,同窓会は卒業生の親睦を深めることを目的としているだけでなく,母校の発展に寄与することも目的としていますので,卒業生のみならず,現役学生の方も含め活動への協力をお願い致します.思いもよらない自己投資になるかもしれません.

ホームカミングデイ(第1部特別講演会)の様子

ホームカミングデイ(第2部懇親会)の様子

電情日記

2015年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

このページのトップに戻る