• トップ
  • 教育内容
  • 教員紹介
  • 資格
  • 進路
  • 入試
  • JABEE
  • CITものづくり

電情日記

人に読んでもらう文章を書くことの難しさ

今野将

人に読んでもらう文章を書くということは本当に難しいことです.もちろん今までも論文執筆ということで,人に読んでもらう文章は書いていましたが,対研究者向けと対一般人(例えばこの電情日記は高校生や新入生)向けでは,書き方のマナーというか使って良い語句・表現に違いがでてきます.基本的には,その対象とする読者が理解できる語句や表現を使用して書くことが必要になります.そして,これが案外難しいものです.

学生時代に恩師に言われた言葉で今でも気にかけている言葉の一つに次のようなものがあります.『専門家に対して専門的な用語を使って専門的な話をするのはそれほど難しいことではない.しかし,一般人に専門的な用語を使わずに専門的な話をするのは案外難しい.だが,それが出来て初めてその専門的な内容について理解できたといえるのではないか.だからまずは各自の家族に自分の研究について理解してもらえるように説明してみなさい.』これを聞いた時はあまりピンとこなかったのですが,いまこうして教育の場にいると,身に沁みて感じることがあります.結局のところ,相手に理解してもらうには,最初に相手を理解する必要があり,この場合の相手を理解するということは相手がどのような言葉(専門用語)を知っているかを理解する事(もしくは推定する事)です.特に一般的な読み物であるものほど,この部分が大変になってくるのではないかと思います.ですが,これを怠らずに研鑽することで,確実に自分自身の文章構成能力は上がりますし,人に対してわかりやすく話す力(コミュニケーション能力)も磨かれるようになります.そして,この能力は社会人予備軍である学生ほど必須な能力なのではないかと思います.

そこで,夏休み前から研究室のホームページで「学生部屋便り」という今野研学生版電情日記のようなものを始めました.学生には「学外の人が読んで研究室の状況がわかるような内容を(内輪ネタになりすぎず)言葉遣いも気にかけて書くように」と言ってあり,今のところ守られているように思います.ホームページ管理者ということで編集過程も見えているのですが,何回も書き直して表現を変える学生もいて一定の効果はあるかなと感じています.コミュニケーション能力に難ありと思われる人の多くは,相手の理解を超えた言葉を発することが少なくありません.しかし,リアルタイムの会話で前述のように,相手の理解できる言葉について考える作業はハードルが高いのも事実です.ですので,コミュニケーション能力を磨きたいと考えている人は,まずはじっくりと内容を推敲できる文章という形式で,読む人のことを考えて人に読ませる文章を作ってみてはどうでしょうか.

 

今野研学生部屋便りURL:http://www.ga.aais-lab.org/home/students-room

 

電情日記

日々是メール

内田 真人

こんにちは,内田です.3回目の電情日記となります.今回は,本学に赴任してからの約3年間に,私が日々こつこつと送信してきたメールのログデータを分析してみようと思います.Wikipediaにおいては,「日々の出来事を,ある程度連続的に紙などに記録したもの」を「日記」と定義しておりますので,この定義に照らせば,メール送信のログデータはまさに日々の記録「日記」であるといえるように思います.前回の電情日記では,過去に執筆された電情日記を分析した結果について書きましたが,今回は日記分析シリーズの続編(?)となります.

さて,本題です.図1は時刻毎のメール送信率を示したものです.この図を見ると,私の生活パターンが朝型であることがはっきりとわかります.研究室の学生さんとは午前中や午後の早い時間帯に研究ミーティングを行うことが多いのですが,確かにその時間帯のメール送信率は低めになっております.また,我が家には5歳と2歳の娘がいるのですが,イクメン中のメール送信率も低めです.彼女たちが成長したときに再度分析してみると生活パターンが変化しているかもしれません.

図2はドメイン名毎のメール送信率とその順位を両対数スケールで示したものです.最も大きな送信率であるit-chiba.ac.jp宛のメールの多くは電情の先生方や本学の職員さんへ送信したもので,次に大きな送信率であるs.chibakoudai.jp宛のメールの多くは研究室の学生さんへ送信したものだと思われます.また,私の研究室では研究室内のメーリングリストをGoogleグループで構築しているのですが,そのドメイン名であるgooglegroups.com宛のメールが3番目に大きな送信率となっています.これらに続いて大きな送信率となっているのは,総務省のドメイン名であるsoumu.go.jpと,前職の九州工業大学のドメイン名であるcse.kyutech.ac.jpです.あまり意識していませんでしたが,これらの組織の方々とのメール連絡がある程度頻繁に行われているようです.なお,本図より,グラフの形状が直線的であることがわかりますが,これはドメイン名毎のメール送信率が「ベキ乗則」と呼ばれる規則に従うことを意味します.ベキ乗則は前回の電情日記でも登場しましたが,本当にどこにでも観察される現象なのだと思います.

日記をつけることには自己分析の効果もあると言われますが,以上のように,そのような効果は確かに得られるようです.なお,今回の分析によって,電情日記にはとても書けないような赤裸々な事実も明らかとなったのですが,公開は差し控えさせて頂きたいと思います.最近はライフログなる言葉を良く耳にするようになりましたが,読者のみなさんも自分自身の行動を記録したログデータを分析してみてはいかがでしょうか?この程度の内容であれば,awkやsedを用いて簡単にできますので,情報系の学生さんは練習を兼ねて分析してみると良いと思います.新たな自分を発見できるかもしれませんよ?

図1:時刻毎のメール送信率

図2:ドメイン名毎のメール送信率

電情日記

2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

このページのトップに戻る